ワイシャツのアイロンのかけ方・たたみ方、洗濯方法などのお手入れ | BRICK HOUSE by 東京シャツ公式通販 [BRICK HOUSE シャツ工房]

  • 夏の優待セール

  • クールビズ2017年〜ワイシャツ専門店のおすすめ

  • 臨時営業のお知らせ

  • サイズ
    上手な検索のヒント

    Amazon pay利用開始のお知らせ
    メンズドレスシャツ
    レディースシャツ・ブラウス
    ニットアイテム
    アウターウェア
    ネクタイ & アクセサリー
    • ご利用ガイド 初めてのお客様へ
    • メールマガジンのご登録はこちら
    • ショップブログ
    • アルバイト募集

    の日が休業日となります。
    営業時間:営業日の10:00〜18:00

    東京シャツからのお知らせ

    • 最短発送をご希望の場合
      日付を指定しないで下さい。翌営業日より順次発送致します。
    • サイズやお届け先住所の誤りが増えております。
      ご注文完了ボタンを押す前にサイズやご住所等のご確認をお願い致します。
    • 弊社より確認のためメールを送る場合がございます。
      ご連絡が可能なメールアドレスを記載していただきますよう、お願い申し上げます。
    • 通販サイトの商品の直営店舗へのお取り寄せや、在庫がない商品の店舗から通販サイトへの商品移動は出来かねます。予めご了承ください。

    ワイシャツのアイロンのかけ方、洗濯方法などのお手入れ方法

    • 洗濯マーク
    • ワイシャツの洗濯方法
    • ワイシャツのアイロンがけ
    • ワイシャツのたたみ方

    洗濯マークについて

    ワイシャツを含め、衣類には家庭用品品質表示法で定められた「取扱い絵表示(洗濯マーク)」のタグがついています。
    大切に着続けるためにも洗濯マークの指示を守った洗濯やアイロンがけを心がけましょう。
    2016年12月1日から国内外での衣類の取扱い表示を統一する目的で新「取扱い表示記号」に変更となります。
    取扱い表示記号(洗濯絵表示)が12月1日以降、商品により絵表示が新旧どちらかが付記されます。
    売り場内に混在する形となりご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解・ご了承の程、よろしくお願いいたします。

    ▶旧マークについてはこちら

    洗い方

    家庭洗濯(洗濯機洗い、手洗い)を40度までの洗濯液で洗います。
    <シャツ>

    家庭洗濯(洗濯機洗い、手洗い)を40度までの洗濯液でやや弱めに洗います。

    家庭洗濯(洗濯機洗い、手洗い)を40度までの洗濯液で更に弱く弱めに洗います。

    手洗い(押し洗い、振り洗い、掴み洗いなど)で、40度までの洗濯液で洗います。

    家庭での洗濯はできません。
    <ネクタイ>

    ※中の数字は洗濯液の温度を表します。
    ※下の横線(-)は洗い方の弱さを示します。増えていくほど弱めの水流で洗濯してください。

    ●洗濯ネットの使用について
    洗濯ネットの使用については新記号では表記がありません。
    取扱絵表示そばに記載の「付記用語」をご覧ください。
    当店の商品の全てのシャツは洗濯ネットを使用して洗濯してください。

    ●絞り方・脱水時間について
    絞り方や脱水時間についての使用については新記号では表記がありません。
    取扱絵表示そばに記載の「付記用語」をご覧ください。
    当店の商品の全てのシャツは手で絞る場合は弱く、
    遠心脱水機を使用する場合は10秒〜15秒短時間に設定してください。

    漂白の記号

    塩素系漂白剤や酸素系漂白剤で漂白できます。

    酸素系漂白剤のみ使用できます。
    <シャツ>

    漂白剤は使用できません。
    <ネクタイ>

     

    タンブル乾燥の記号

    家庭でのタンブル乾燥が出来ません。
    <シャツ><ネクタイ>

    家庭でのタンブル乾燥が出来ます。
    ヒーターは弱にセットします。

    家庭でのタンブル乾燥が出来ます。
    ヒーターは強にセットします。

     

    自然乾燥の記号

    脱水後に水平で陰干します。

    脱水後に吊って陰干しします。

    脱水後に水平干しします。

    脱水後に吊り干しします。

    脱水及び絞らず水平干しします。

    脱水及び絞らず吊り干しします。

     

    アイロンのかけ方の記号

    アイロンは掛けられません。

    アイロンを掛けることができます。
    アイロンの温度の上限は110度まで(低温)です。
    <ネクタイ>

    アイロンを掛けることができます。
    アイロンの温度の上限は150度まで(中温)です。
    <シャツ>

    アイロンを掛けることができます。
    アイロンの温度の上限は200度まで(高温)です。

    ●当て布について
    当て布の使用については記号には表記されません。
    取扱表示そばに記載の「付記用語」をご覧ください。
    当店の商品の全てのシャツ・ネクタイは当て布を使用してください。

    クリーニングの記号

    ドライクリーニングができません。

    石油系溶剤によるドライクリーニングが出来ます。

    石油系溶剤によるドライクリーニングが出来ます。
    処理は弱めにします。
    <シャツ><ネクタイ>

    パークロロエチレン等の溶剤によるドライクリーニングが出来ます。

    ウエットクリーニングができません。

    ウエットクリーニングが出来ます。

    ※<シャツ><ネクタイ>の表記に関しては一部商品で異なる場合がございます。
    商品についている洗濯絵表示や商品ページを必ずご確認ください。

    ワイシャツの洗濯方法

    毎日着るシャツは自分で洗うのが基本です。クリーニング店では高温液体での洗濯及び高温・高圧のプレスが生地にダメージを与え、縮みの原因にもなりかねません。
    いつまでも大切に着続けるためにも、自宅での洗濯がおすすめです。

    洗濯表示を事前に確認しましょう。

    衿や袖口など汚れの目立つ部分は、部分洗いの洗剤、もしくは固形石鹸を汚れの部分に塗り、10分〜15分水に付け置きし、汚れを取ってから洗濯しましょう。洗剤は無蛍光タイプを使用してください。

    洗濯の前に衿先ボタン、カフスボタン、衿キーパー(脱着式タイプ)などを、取りはずしておきます。

    表の生地にダメージを与えないよう、前立てボタンを留めてからシャツを裏返します。

    袖口などがからまないようシャツを小さくたたみます。
    汚れの付きやすいカフスと衿はたたむ際に表に出しておきます。

    必ず洗濯ネットを使用しましょう。その際、ひとつのネットに1枚のシャツが原則です。

    洗濯ジワを少なくするため脱水時間は短め(15秒が目安)に設定。タンブラー乾燥は避けてください。

    脱水後はすぐに取り出し、シワを伸ばして形を整えて下さい。

    衿は着用時のように形を整え、第一ボタンを留めてハンガーに掛け、陰干しします。
    脱水時間を短くすることで、残った水分の重みでシワが伸ばされます。

    ワイシャツのアイロンがけ

    形態安定シャツの場合は、おすすめの洗濯方法をご参照いただければ、ノーアイロンでお召しいただけますが、小ジワが気になる場合は部分的に軽くアイロンを当ててください。
    しっかりアイロンがけしたい方のために、形態安定加工ではない、一般ワイシャツのアイロンがけ方をご案内します。

    ワイシャツをきれいに仕上げるためにはアイロンをかける順番が大切です。
    袖、ヨーク、衿、身ごろの順に効率のよいアイロンがけを覚えましょう。

    事前準備
    汚れは事前に落としましょう。汚れたままアイロンをかけると、シミの原因になります。

    アイロンの設定
    アイロンの温度は中温(140度〜160度)に設定し、かけるときは、一箇所に止めないで、動かしながらかけましょう。


    袖を縫い線に合わせてきれいに揃えます。


    カフス側からアームホール側(上方向)へアイロンをかけます。

    カフス
    左右両端から中心へ向かうようにアイロンをかけしましょう。

    ヨーク
    アイロン台の角を使って、両端から中心に向かうようにアイロンをかける。ヨーク以外の部分はアイロン台から逃がしておきましょう。


    衿を平らに伸ばして、両端から中心に向かうようにアイロンをかけましょう。

    前身ごろ
    身頃をアイロン台にセットして、外側からボタンへ向かってアイロンをかける。ボタン部分(下前立て)は裏から、ポケットは向かって下から上にかけましょう。

    後ろ見ごろ
    アイロン台にセットして、下から上に向かってアイロンをかけます。

    ワイシャツのたたみ方

    きれいにアイロンをかけたら、シワが入らないよう美しくたたみましょう。
    お店に並んだ商品のように、コンパクトに収納できる簡単なたたみ方の基本をマスターしましょう。

    ボタンを留めて背を上にして広げたら、肩幅の1/4を目印に左側の身頃を折りたたみます。
    ※ボタンはすべて留めた方がキレイにたためますが、第一ボタンから一つおきくらいでも大丈夫です。

    袖山をで折った身頃の端に合わせるように、袖の付け根から折り返します。

    右側の身頃も、と同様に、肩幅の1/4を目印にして折りたたみます。

    右側の袖も、と同様に、折った身頃の端に合わせるように折り返します。

    身頃の両端が平行になっているか、中心線から左右対称の幅になっているかを確認したら、カフスの付け根を目印に裾を折り返し、さらに半分くらいの位置で衿側に向けて折りたたみます。

    裾部分が余ったらたたんだ肩の部分に巻き込んで、表に返したら完成です。
    収納するときは、衿がつぶれるのを防ぐため、他のシャツの衿同士を重ねないようにしましょう。

    生地に関する質問

    Q形態安定はどのぐらい長持ちする?
    A弊社の場合は上記洗濯方法でご自宅で洗濯して頂ければ、長期間持続します。
    ※安定性は洗濯回数60回程を目安とし、それ以降は次第に低下していきます。
    Q全自動洗濯機なので、短い脱水時間が設定できません。
    Aその場合はご面倒ですが、脱水が始まってから15秒ほどで強制的に止めて、取り出してください。
    Q洗濯したらシワシワになった。
    A脱水時間が長い、もしくは洗濯後、長時間放置すると、形態安定加工のワイシャツでもシワが残ります。
    「ワイシャツの洗濯方法」ページに掲載された洗濯方法でご自宅で洗濯して頂くと、殆どシワが残りません。
    小ジワが気になる場合は、気になる箇所に中温で軽くアイロンを掛けてください。
    Qクリーニングに出していい?
    A基本的に家庭洗濯がお勧めです。
    出される場合は、『アイロンは中温』で、『ボタンのプレスに気をつけて』とお伝え下さい。

    ※クリーニング店では、高温でアイロンを掛けることが多いです。生地と芯地の縮率が違うため、高温でアイロンをかけると、芯地部分だけが縮んでしまい、商品がダメになる場合がございますので、必ず中温でお願いします。
    ※アイロンがけの専用プレス機械を使うクリーニング店では、強力プレスと高温でアイロンを掛けていますので、瞬時にシワは取れますが、圧力で弊社が使用している厚みのあるボタンは劣化し、割れやすくなる場合がございます。
    Q洗濯過程でボタンが割れた、衿キーパーがなくなった。
    A白・黒ボタンについては弊社直営店舗で10個単位(200円+税)で販売しております。
    それ以外のボタンは、弊社お客様相談室(03-3862-0299)までご連絡下さい。
    衿キーパーについても、10個単位(100円+税)で販売しております。
    Qワイシャツの黄ばみが取れません。
    A「黄ばみ」の主な原因は衣服に付着した「汗に含まれる皮脂の酸化」です。
    1.着用後はその日のうちに洗濯することが第一の防止策です。
    2.汚れ部分は固形石鹸や部分洗いの洗剤などで、予め汚れを取ってから洗濯して下さい。
    3.ぬるま湯で洗濯すると、より落ちやすくなります。
    汚れが落ちないまま着用を繰り返し、シミになってしまうと落ちない可能性がありますので、ご注意下さい。
    Qワイシャツにまばらな黄色いシミが出来てしまいました。
    A弊社商品は洗濯絵表示にも「エンソサラシ ×」と表示されている通り、脱色の原因となる「塩素系漂白剤」には適していません。
    ワイシャツの表面に施している「形態安定加工の特殊樹脂」が化学反応を起こすと黄色く変色する可能性があります。
    漂白剤を御利用頂く場合は「酸素系漂白剤」をおすすめします。